PRX1510に温度計をつけてみました。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

最近はフル稼働中のPRX1510ですが、ステッピングモータはほとんど熱くならないので気にしていなかったのですが、スピンドルモータは結構熱くなるので、温度計をつけてみました。購入した温度計は、秋月電子のDE-20Wです(そんなに表示更新速度、要らないので)。


取り付けですが、スピンドルモータの冷却フィンと、温度計のセンサ部分の太さがなんとなく同じ感じがしたので、ぐりぐりと押し込んでみたらいい感じではまりました。ぴったりです。固定しなくても、写真みたいな感じで、ケーブルをまとめておくだけでも大丈夫そうです。


試しにポリカーボネイト加工をしてみました。F300で、Z切り込みは0.3mmです。これぐらいの感じでやっていると、ほとんど温度は上がりません。0.5mmで切り込むと、もっとあがると思います。


と、ぼちぼちとやっていたマシーン開発ですが…ちょっと数日、離れて、PRX1510の箱を作ることにしました。PRX1510、動作音についてはもともと家族からは何もクレームはなかったのですが、妻の妹が遊びに来ることになり、ペットが部屋を明け渡してSISO-LABへ来ることになったのです。で、夜中でもガンガン回っているそばで寝させるのはかわいそうと思い、急遽、ちょっと防音を期待して箱を作ることにしました。MDFを買ってホームセンターで切ってもらいました。これから夜中、ちまちまと組み立てます。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑