PRX1510で極小ワッシャの削り出し

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

なかなか子供のペース変化についていけず、へばっている割には進みの悪い今日この頃ですが、ぼちぼちっとFUTABA RS301用のサーボホルダ試作を始めています。


で、切り出したのがこの「極小ワッシャ」。これぐら小さいと、PRX1510で削っている最中に部品が飛んでいってしまいます。両面テープとくっついている面積が小さいので、うまくくっついているところはがんばってテーブルにくっついていてくれるんですが、そうでないところはエンドミルで削っているうちに、びよーんっとどこかへ。しかも、部品が小さいので見つからない…。


「薄皮残して切削」すれば大丈夫なんですが、理想のZ軸調整はなかなか難しいく、うまーく、安定して0.05mmぐらい残せるといいんですが、なかなかそうもいかず。ABSぐらいだと少々厚めに残ってしまってもバリ取り(薄皮部分を削り取る)は簡単なんですが、ポリカだと固いのでそれも大変でして。


開き直ってプラモデルみたいに部品をつなげてしまいました。0.5mmだけつながっています。あとでニッパなどでぶちぶちと切るため仕上がりがイマイチなのですが、まあ、それほど問題になる部分でも無いのでよしとします。


 


まずは成功。いい感じです。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. c4crono より:

    初めまして、c4cronoといいます。
    いつも覗かせてもらっています。
    最近、雑誌キットの組立てから、
    段々と危ない道(笑)へ踏み込んでいまして、
    いつかはCNC切削もなどと妄想を
    膨らましています。
    これからも覗きに来ますので宜しくお願いします。

  2. SiSO より:

    c4cronoさん、はじめまして!とかいいながら、ブログの方は何度か拝見させていただいています。たしか、あさいさんのブログでも紹介されていた方ですよね!
    こちらもいろいろとネタ公開していきますので、よろしくお願いいたします。BLOG化する前のホームページは、この画面の右上「SISO-LAB Back Number」で行けますので、そちらも見ていただけると、いろいろとお役に立てるかもしれません。
    それでは!

  3. かつ より:

    このワッシャー、ケースのネジ部分の凹みを埋めるパーツと読んだ・・・。

  4. SiSO より:

    かつさん>
    ぴんぽん、ぴんぽ~ん!です。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑