ARUMO-SiR07M・うぐ、手加工で部品修正

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

どうもうまく部品がはまらないなーというところがある事に気がついて、よくよく見てみると…穴を1つ、開け忘れていることが発覚。作り直すと時間がかかりそうなので手加工で修正しました。


問題の箇所はここです。腰ブロックの脚ヨー軸サーボ固定部分。サーボを面で押し付けて固定しているのですが、サーボのラベルの部分を抜いてないので、その分、場所がずれてしまっていました。ほんとはここにラベルと同じサイズの穴をあけ、サーボの上面がぴったり押し付けられるはずだったんですが…。


そんなわけで加工開始。ノギスを寸法に合わせます(ほんとはあまりよろしくないんですが…)。


ノギスで直接ケガキ…(良い子はまねしないで下さい。それ用のノギスがあるらしいんですが、調べた事は無いです)


ピンバイスでバスバスと穴をあけます。


今度はニッパでブチブチと切り取ります。このニッパ、プラスチック用で、普通のニッパと比べると刃が薄く、とても使い易いです。樹脂加工をされる方にはオススメです。プラモデルもランナー切り取る時、わりと綺麗に切れます。


まあこんなもんでしょう。


最後にヤスリでごしごしと削ります。ここで、今まで養った手加工テクニックが役に立ちます。


できあがりです。うむ、ばっちり。


接着前の板の状態ならば、板などをあてることでもっと綺麗に仕上げれるんですが、時間も無いのでこんな感じでOKとします。


改めて見直すと、なんか2個ほど部品を付け忘れているような気がしてきました。手で動かした感じでは問題なさそうなので、このまま行きます(あとで修正してください>未来のSISO)。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑